ホーム>けさたまのこだわり

けさたまのこだわり

こだわり

朝採り卵と今朝産み卵の違い

朝採り卵
当店で販売している「今朝産み卵」は、
よくある「今日の朝採った卵です!」と言って売られている朝採り卵と、
似ているようで大きく違います。
 
「朝採り卵」というのは、朝採った卵という意味で、
厳密には朝産まれた卵ではない場合があります。

というのも、鶏は朝に卵を産むイメージがありますが、実際に朝卵を産んでいる鶏は全体の6割程度で、
残りの4割はお昼過ぎや夕方頃に産んでいるのです。

つまり、朝採った卵の中には、前日のお昼過ぎ以降に生まれた卵も混ざっており、
販売される頃には約1日が経過した卵となっている場合があるのです。

それに対して「今朝産み卵」というのは、文字通りその日の朝産んだ卵のことをいいます。
当店では、朝一回と夕方にもう一度集卵を行うことで、朝産んだ卵だけを販売することを可能としています。

今朝産み卵の鮮度は本物です。生まれてすぐの卵ですので、とても新鮮な卵です。
卵は劣化が早く、生まれた時点からどんどん鮮度が落ちていきます。
少しでも新鮮な卵をお届したいという想いで、日々手間暇をかけ、養鶏・及び集卵を行っております。

是非一度、真の新鮮卵「今朝産み卵」をご賞味頂ければと思います。

安心・安全が当たり前の時代だから

鶏

昨今の日本の食品市場は、安心と安全が大前提となっています。

当店のような養鶏場に限らず、
食品生産を行っている企業、会社、農園などは、
国の定める一定の基準を満たす商品だけを市場に出しています。
場合によっては、さらに安全性を追求し、
独自の審査基準を設けて商品に付加価値を付けているものもあります。
 

上記のように出荷するためには一定の基準を満たす必要があるので、
卵で言えば、仮に安い卵であってもその安全性は食べて人間の身体に害の無いものと言えます。

けさたまで販売している卵も、鶏が飲む水から、飼育方法における衛生面まで、
可能な限り安全性を保証できる環境を整えて生産しています。

当店の鶏の飲む水は、三島の湧水の中でも特に綺麗だと言われる、山田川の源流にある小沢湧水を使用しています。
鶏の身体の70%をも占める水分ですので、水の善し悪しは卵の生産においてとても重要な要素と言えます。

また、衛生面での安全性を確保するために、通常のゲージ飼育では坪約150羽、
平飼いの場合は坪約40羽で飼育しているのに対し、けさたまでは坪14羽まで減らし、
平飼いではなく、1羽あたりのスペースが広い、大きめのケージを採用して飼育しています。

面積に対して鶏の数が少ない分、大量の糞が長時間放置されることを防ぐのと同時に、
動きまわれるだけのスペースを確保することで、鶏のストレスも少なく、
より美味しい卵を生産することにも繋がっています。

このように、安心・安全が当たり前の時代だからこそ、基準を最低限満たす商品の出荷では無く、
基準を大きく超え、本当の意味での安全性というのを、皆様にお届けできればと考えております。

第八期三島ブランド認定「けさたま」販売中です!

けさたまの新鮮卵は、当サイトの通販でお買い求めいただけるほか、三島市でもお買い求めいただけます。
自然豊かな箱根西麓・三島市の誇る、健康にこだわり抜いた鶏の
「朝産み卵」が三島市近郊で購入できるのはここだけです!
お近くまでお越しの際は、是非お立ち寄りください!

美味しい卵の通販なら【けさたま】!

美味しい卵通販でお求めなら、朝産まれた卵を採れたての状態でみなさまにお届けする【けさたま】をご利用ください。産みたて・採れたての新鮮で美味しい卵をお届け致します。また、美味しいだけでなく安全な卵をご提供するため、衛生面での安全性など様々な工夫をして鶏を育てております。高級な卵と同様に手間をかけておりますが、お求めやすい価格となっていますので、是非一度【けさたま】の産みたて・採れたての美味しい卵をお試しください。