ホーム>けさたまのスタッフブログ

けさたまのスタッフブログ

トコチャン(ケーブルTV)でけさたまが紹介されました!その2

 

つづきです。

三島のきれいな水で育てた、おいしい卵、価格もリーズナブルと紹介されています。

静岡県三島市のおいしい卵としてテレビで放映がありました。

撮影は先月行われたのですが、ダムダムおじさんなるお笑い芸人が当店に訪問され、けさたまの取材が行われました、けさたまの名前の由来、卵の新鮮さ、けさたまを使った卵かけご飯を食して満足してしていただきました。撮影の時も卵かけご飯には醤油などかけずにペロッと平らげてしまいました。

ギャグに関してはうーんという感じでしたが、人当たりが良い芸人さんで撮影以外でも気さくなトークをしてくれていました。

https://www.youtube.com/watch?v=Mx2_ICVbOxk

https://www.youtube.com/watch?v=Mx2_ICVbOxk&t=57s

平飼い以上に広い空間での飼育

けさたまの飼育環境の特徴の一つとして、広い空間で飼育を行っています。一般的なゲージ飼育では1坪に150羽を入れる状態で飼育しています、簡単に表現すると一生前を向いたままで後ろに向きを変えることすらできない状態です、とても快適とは思えません。よく広いとされる平飼いで坪40羽です。それに対して弊社ではなんと1坪に14羽しかいないのです。よって鶏たちは終日羽を伸ばし追いかけっこをしたり、ストレスなく自由に遊んでいます。通常ゲージと比べると100倍の広さですよ!
卵を産まなくなってくると鶏を加工業者さんに渡すのですが、普通のゲージで飼育している鶏は加工すると骨がボロボロになって形が残らないそうですが、弊社の鶏は骨がしっかりと残っているとのことです。健康な鶏の証明ですかね。

平飼いは広い飼育の代名詞的な部分があるのに、あまりやられていないのは衛生面の管理が非常に難しいからです。鶏さんは自分で排泄物を処理しませんし、汚いという認識がないので平気で蹴飛ばしたり、踏みつけてしまいます。いくら広い空間とはいえ外とは違い同じ場所にいますので毎日清掃でもすればよいのでしょうがなかなかそこまで手間がかけられないのが実情です。その点、弊社のゲージは特別に広い空間が確保できているので排出物はゲージの外に落ちるので衛生面でも優れています。

なぜこのような飼育に至ったのかといいますと、弊社は大正時代から卵の販売を開始し、孵化、雛の販売、有精卵、ワクチン卵など色々なことを行ってきたため、今日行っている、広い空間のゲージを使った飼育が最も良い卵を産む飼育であるとたどり着きました。

正直生産性を考えると無駄な空間が多く、建物やゲージの費用は通常の鶏舎の数倍は掛かってしまっていますが、弊社は鶏が健康であり、衛生面でも良い状態を確保することが、安心、おいしい卵になると考えこの方式で生産をし続けています。

写真の通り自由に動き回れる広い空間で飼育しています。

201611515226.jpg

卵の賞味期限とは

ご存知ですか?

卵には賞味期限が記載されていますが、この記載されている賞味期限とは生食できる期限のことです、なので、食べられなくなるわけではなく加熱調理することでおいしくいただけます。食材は無駄にせずにうまく使用してください。

通常2週間から3週間の賞味期限ですが、この期間を決めた理由が卵の中には産まれたときから雑菌がまれに入ることがあり(数千個から数万個に1個)そのまれに発生数する卵が2週間過ぎると生食で食べたときに悪い影響を与えるために決められています。日常生活において毎日食べても一生に1度当たるかどうかの確率なんですよ!

基本的な保存方法は10℃以下に保存するようになっていますが、常温で保存している方でつわものは2カ月放置して食べた人がいるそうです。おすすめはしませんが、そう簡単には卵は悪くならないってことがいえるのでは。

静岡 卵 おいしい 通販

卵 おいしい 黄身が濃い けさたまが景品!

三島市の老舗呉服店「綿文」主催のゑびす講市が先日1週間開催され、そのイベントに事前予約して来店するとけさたまが景品としてもらえました。

三島商工会議所青年部で知り合い異業種のコラボレーションになりました。かなり好評だったようです!20161028224942.jpg

今年もインフルエンザの検査はOKです!

毎年行われる鶏のインフルエンザ検査が今年も10月18日に実施されました。

鶏10羽から血液を採取して、検査機関にて判定を行います。

検査結果は陰性で問題ありません!!安心して卵を召し上がってください!

FAXなので見にくいですが、陰性と記載されています。

20161020151848.jpg

静岡トコチャンネル(CATV)の取材がありました!

本日(10/13)静岡トコチャンネル(CATV)の取材があり、お笑い芸人のダムダムおじさんが来店し、けさたまについての取材を行いました、最後はお決まりのように卵かけご飯をペロリと召し上がっていただきました。ちょっと苦笑の部分もありましたが、面白い撮影になりました。

放送は11月8日(火)11:30,18:30,23:30 3回放送されます! ご都合が付く方は是非ご覧ください。

放送後はweb上で紹介もされます!

2016101323141.jpg

1羽しかいない名古屋コーチンがはつたまを産みました。

4/22産まれの雛が皆大きくなり、産卵を開始していますが間違ってきた名古屋コーチンは卵をまだ産んでいませんでしたが、ようやく初めて卵を産みました。

通常産まれて150日で卵を産み始めるのですが、この子は170日もかかってしまいました。名古屋コーチンが産んだ卵は店舗に購入しに来ていただいたお客様には無料でプレゼントしますよ!

茶色の方が名古屋コーチンです。

20161012225818.jpg

金木犀が満開

毎週のように台風が来ている年ですが、農園の金木犀が台風に負けずに満開となっています。

郊外に農園を映して49年経ち、金木犀も同い年なのでかなりの大木となっています。休憩小屋よりも遥かに大きくなっちゃいました!

こんな自然環境の中で今日も鶏は元気に卵を産んでくれています。

中央のオレンジ色の花が咲いているのが金木犀です。この奥が鶏舎です。

2016104112451.jpg

TV放映されました!

前回撮影が行われた、けさたまがTVで放映されました!

静岡朝日テレビの広瀬アナウンサーがけさたまの販売所でレポート

・けさたまって何?→夜明けから9時までに産んだ卵です!

・朝産むと何が違うの?→鶏は25時間に1個のペースで卵を産みます、そのため日々産む時間が遅くなり6から10時間ずれると体調を整えるために1日お休みします。その後、朝から産みだすため体調が整った鶏の卵なんです。

・きれいな水を使っているのは?→卵の白身は99%、黄身は50%が水分でできていますので、きれいな水は必須です。ちなみにけさたまで使用している水は三島の名水9選に選ばれている瀧川神社の上流の水を使用しています。

・にこたまってなんですか?→1つの卵に黄身が2つ入っている卵です。

など質問をしながら撮影を行っていき、最後にエアリー卵かけご飯を実食していただきました、撮影クルーの方も広瀬アナウンサーも人柄の良い人で雰囲気の良い撮影でした。

おまけ:広瀬アナウンサーは自腹でけさたまを1パックご購入されていきました。ありがたいっす!

 

 

2016923195939.jpg