ホーム>けさたまのスタッフブログ

けさたまのスタッフブログ

地元三島市で続々と取扱店が増えています!

三島市で卵の販売を行っているけさたまですが、最近は色々な店舗様から問い合わせを多くいただいております。

そのなかで、今週から取引開始となりました、「三島街中カフェ」様を紹介。

三島街中カフェ様は三島産の良品な食品を取扱っているお店です、立地場所は非常によく三島駅から街中へ向かう際には必ず通る道です。昼間は観光客が多く立ち寄っているようです。そんな中けさたまを置いた日から飛ぶように売れあっという間に完売したとご連絡をいただき毎日注文をいただいています。

三島市以外の方でもご購入しやすい場所ですので、ぜひ一度お立ち寄りください。

 

2017414235312.jpg2017414235347.jpg2017414235414.jpg

ひとつのたまごに黄身が二つ!にこたま

秋雛の産卵率が90%を超え、産卵が安定してきました。産み始めから3週間が経過し最初のころに産みだした鶏の卵はMサイズになり、ぷりぷりけさたまのMとしてもっと状態の良い卵となっています。殻は硬く、色がこく、輝いています、割っても黄身や白身がぷりぷりです。はつたまからMサイズになっての1か月、さらに大きくなってLサイズになってからの1か月と2か月の期間限定品です。

また、この時期は一つの卵に黄身が2つ入っている「にこたま」がよく生まれます。欲といっても1日290個産んだ卵のうち10個程度ですので、3%ぐらいです。しかしながら、お子さまやご老人には人気が高く、にこたまだけを購入する方がかなりいらっしゃいます。

2017330144054.jpg

 

2017330144450.jpg

 

 

 

 

 

三島市に完全リニューアルされたホテル昭明館オープン

三島駅南口から徒歩2分の一にあるホテル昭明館が3/23完全リニューアルオープンされました!

ホテルのコンセプトは「三島愛」とのことで、三島にまつわることをホテル内に色々と取り入れてあったり、三島の情報を発信されるそうです。

その昭明館の2階にはフランス料理の店「おんふらんす」が入っています、おんふらんすは三島では有名で某TV番組で料理のチャンピオンにも輝いたオーナーシェフの店です。そのようなお店にけさたまは採用されており、おいしい卵料理となって登場します。

このたびはホテル内に店舗が入ったので、宿泊者向けにバイキング形式の朝食も開始されています。もちろんn朝食には卵が必須ですのでけさたまもがんばっています。

三島市にお越しの際は是非昭明館に宿泊したうえで、おんふらんすの朝食を召し上がってみてはいかがでしょうか!?

 

 

201732522283.jpg2017325222833.jpg

 

はつたまが1週間で100個に

今回入荷した300羽の秋雛が3/5に3このはつたまを産み始めて1週間の3/12には100こ/日産むようになりました、順調に成長しています。このままいくと1か月以内には最大の95%産卵になる見込みです。そこから2か月は最も卵の状態の良いとなります。ベスト期間はわずかですのでこの機会にお求めください。201731615232.jpg

秋雛のはつたま販売開始

10/21産まれの秋雛の産卵数が50個を超えていよいよ販売開始です!期間限定品ですのでお早めにお買い求めください。

はつたまごとは雛から鶏になって初めて産む卵で、ウズラの卵より一回り大きい程度の小さい卵です。小粒なので納豆と一緒に食べたり、お弁当の隙間にぴったりです。少し淡白な味ではありますが、生臭さが少ないので生卵が食べれない方がこれなら食べられたと多くの声をもらっていますので、卵が苦手な方は是非お試しください。

また、縁起物をしても有名で、安産、産後の肥立ち、不老長寿に良いとされています。

是非、お試しください。

 

左がはつたま、右はLサイズ

201739231023.jpg

けさたまが人気上昇してます

けさたまは三島市内で直売しておりますが、2月後半から急激に販売数が増えており、完売してしまうことがしばしばあります。

来週からは10/21産まれの秋雛300羽がはつたまを産み始めるので、卵がショートすることはなくなってくると思いますが、続々と顧客からの注文が増えてきていますので、ご注文はお早めにお願いします。

本日は17時の時点で残り3個しか残っていませんでした。

 

20173420582.jpg

赤い卵と白い卵はなぜあるの?

鶏の卵には赤い卵と白い卵がありますが、その違いは鶏自体が違うからなんです。赤い鶏からは赤い卵が産まれ、白い鶏からは白い卵がうまれるのです。

ちなみに、けさたまの赤い卵を産むのは、ボリスブラウン、白い卵を産むのはジュリアです。

見た目は違いますが栄養面では一緒です、ただ、ジュリアのほうが少食なうえ産卵期間が長い分安くなってます。

 

 

 

+

秋雛が来ました!

本日10/21産まれの秋雛が300羽来ました、産まれて120日経過していますので、あと1か月以内には卵を産み始めます。

産み始めの卵は、はつたまといい縁起ものです。安産、産後の肥立ちや長寿祈願によいとされています。贈り物にも喜ばれる商品です。

ただ期間は3週間と短いのでお早めにお求めください。

 

 

レストランcaroでけさたまがおいしく食べられます!

静岡県三島市にあるイタリアンレストラン「caro」ではけさたまを使用した料理が食べれます。

メニューにもけさたまがちょこちょこ顔を出しています。その中でもキッシュは1日6食限定料理のおすすめ品。

キッシュの中はキノコが一杯、しかもボリューミーなので女性だけでなく男性でも満足いく一品です。

三島に立ち寄る方がいましたら是非食べてみてください。

 

201729231459.jpg

たまごで痩せるクセ

1/25発売のanan_No2038は痩せるクセの特集です。その中で卵の記事が少しありました。

「痩せたいなら卵は1度に2~3こ食べる方が良い」2017127205252.jpg

いろんなダイエットを試したけど、どれも長続きせず結果が伴わない…。それって肉体面やメンタル面でどこか負担を抱えているのが原因かも? もっと面倒くさくなく痩せられたらそれに越したことはない!?

ということで、5つの「痩せるクセ」を伝授! 一見ダイエットに直結しなさそうだけど、どれも理論に裏打ちされたメソッドばかり。日常生活にクセづければ、体はいつの間にか痩せていく! 栄養管理の第一人者、アンチエイジングのプロなど、anan“痩せグセ”研究会の皆様に教えていただきました。

卵は2~3個一度に食べる。
良質のたんぱく質をきちんと摂ることが、代謝を上げて痩せやすい体になるために必須。その点で痩せるお供にしたいのが、手軽で美味しく食べられる卵。1日1個といわれた時代もあったけど、たんぱく質は一度に20g前後摂取すると効果的なので、1個6g程度を含む卵は、3個くらいまとめて食べるのがベスト。

興味がわいた方は是非挑戦してみては!