ホーム>けさたまのスタッフブログ

けさたまのスタッフブログ

けさたまが割烹にも採用

三島市ではとても有名な三嶋大社の近くで営業されている、割烹「だいだい」さまにけさたまが採用されました、だいだい様ではおいしい卵をお探しになっており、知人からけさたまを紹介され、お話がまとまりました。

実際に今まで採用されていた卵に比べると黄身がしっかりしていて、だし巻きたまごを作るときに溶くのがとても大変だったそうです、しかし、焼くとふっくらしっとりとしてとても良い出来にしあがり、ご満足されたとのことです。

だいだい様は人気が高く、予約しないと入れません。是非予約してだし巻きたまごをたべてくださいね。(⌒∇⌒)

2017611221044.jpg

2017611221113.jpg

新鮮卵のけさたまが三島の新しい直売所に参列

 

【三島市内に新直売所OPEN!agring西麓市場】

三島に新しい直売所がオープンしました、場所が三島青果市場の敷地内ですのでちょっと市街地からは離れています。

並んでいる野菜は知っている名前もちらほら、地元の農家さん直送の新鮮野菜を販売。
他にも、手作り惣菜(手作りコロッケやおこわ、おまんじゅうなど)や缶詰、お茶などの地元オススメの一品などなど。

お声が掛かって、その仲間に「けさたま」も入ることになりました!

場所柄富士山がよく見えるので、ドライブがてらにショッピングするには最適な場所かも!

三島から国道1号線で向かうと左側にありますが、カーブの先なのでスピードを出しているとうっかり通り過ぎちゃうかも!?

場所:三島青果市場敷地内
営業時間:11:00〜16:00 年中無休

 

201752515509.jpg

2017525155047.jpg

2017525155136.jpg

 

 

フォトロゲのチェックポイントに!

全国で開催されているフォトロゲイニングというスポーツをご存じでしょうか?
簡単にいうと指定されたチェックポイントにいき写真を撮影する、指定時間内にどれだけ多くのポイントを回れるか上位になれるようです。ただ、チェックポイントはその町の特徴や有名な場所が多いので観光しながら回ることもできます。

そんな中、わが町の三島市でも5/14に開催が行われました!!そして、チェックポイントの中にけさたまの看板が入っており、当日は多くの方がけさたまの看板で撮影をされていました、けさたまもだいぶ地元では名前が知られてきています。 三島の卵を言えば「けさたま」!って感じです。

遠方の方も是非、鶏の健康にこだわtった、けさたまの卵をご賞味してください。

3時間コースのNo35がけさたまの看板です。

2017518152939.jpg201751815308.jpg2017518153036.jpg

有精卵は長に良い!

 市販されている卵は○○卵などと、書かれていますがそれらの卵のほとんどは無精卵で雛にはならない卵です。鶏はメスだけでも卵を産むことができるため通常は無精卵をつくります、コストが大幅に削減できるからです。有精卵を作るには自由に動ける環境でオス1羽に対してメス10羽程度を一緒に飼育しなければなりません。おおよそゲージ飼育している鶏舎の100倍の空間が必要なので、設備投資がかかる上に卵が多く取れませんので、一般的な養鶏業者はおこないません。

しかしながら、健康にこだわるなら有精卵と無精卵では別物です。例えると、玄米と白米がわかりやすいのですが、玄米は水に入れておくとやがて発芽しますが、白米はそのようなことにはなりません。玄米=有精卵、白米=無精卵って感じです。

玄米が体によいといわれているのは有名ですが、有精卵もよいことがあります、生きている食材なので酵素が含まれているため、腸に良いといわれています。酵素が腸内に発生する活性酸素をやっつけてくれ整腸作用があるようです。ただ、食事は継続して採取しないと腸相はよくならないようです。日々生きている食品をとるように心がけるといいのでしょう。

トサカが大きい中央の鶏が雄鶏です

 

けさたま取扱店続々増えています!

5/1にオープンした伊豆ゲートウェイ函南内にある「スポークカフェ」にけさたまが採用され、しかも、看板メニューの1番目に「けさたまベーコンサンド」となまえまで使用してもらっています!

伊豆ゲートウェイ函南は名前の通り、伊豆の玄関口として位置付けられ、スポークカフェは主に自転車でツーリングされる方に特化してつくられたカフェですので、自転車好きな方は是非およりください。

 

201755231922.jpg201755231958.jpg

 

201755232045.jpg20175523216.jpg

静岡に新しい道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」オープン間近!

5/1に静岡県の函南に新し道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」がオープンします。

伊豆の玄関口として伊豆の「モノ」「コト」「ヒト」が集まり、それを面白く、タイムリーに発信できる新しい形の道の駅です。

地元の魅力を凝縮した物産販売所や飲食店が並び、災害時には地域の防災拠点として活躍する施設です。

そんな新しい道の駅の中にある「スポークカフェ」様にけさたまが採用され、本日初納品に行ってきました、建物はすでに完成していますが、まだオープン前なので駐車場に車はなく、静かでしたが、オープンしたらかなりの賑わいになりそうです。

場所も伊豆縦貫道路沿いですので、他県の方も多くいらっしゃる場所になりそうです。お寄りの際はカフェでけさたま料理を堪能してみてくださいね(⌒∇⌒)

2017423221742.jpg

スポークカフェは駐車場の入口から近い場所です。

2017423221817.jpg

 

地元三島市で続々と取扱店が増えています!

三島市で卵の販売を行っているけさたまですが、最近は色々な店舗様から問い合わせを多くいただいております。

そのなかで、今週から取引開始となりました、「三島街中カフェ」様を紹介。

三島街中カフェ様は三島産の良品な食品を取扱っているお店です、立地場所は非常によく三島駅から街中へ向かう際には必ず通る道です。昼間は観光客が多く立ち寄っているようです。そんな中けさたまを置いた日から飛ぶように売れあっという間に完売したとご連絡をいただき毎日注文をいただいています。

三島市以外の方でもご購入しやすい場所ですので、ぜひ一度お立ち寄りください。

 

2017414235312.jpg2017414235347.jpg2017414235414.jpg

ひとつのたまごに黄身が二つ!にこたま

秋雛の産卵率が90%を超え、産卵が安定してきました。産み始めから3週間が経過し最初のころに産みだした鶏の卵はMサイズになり、ぷりぷりけさたまのMとしてもっと状態の良い卵となっています。殻は硬く、色がこく、輝いています、割っても黄身や白身がぷりぷりです。はつたまからMサイズになっての1か月、さらに大きくなってLサイズになってからの1か月と2か月の期間限定品です。

また、この時期は一つの卵に黄身が2つ入っている「にこたま」がよく生まれます。欲といっても1日290個産んだ卵のうち10個程度ですので、3%ぐらいです。しかしながら、お子さまやご老人には人気が高く、にこたまだけを購入する方がかなりいらっしゃいます。

2017330144054.jpg

 

2017330144450.jpg

 

 

 

 

 

三島市に完全リニューアルされたホテル昭明館オープン

三島駅南口から徒歩2分の一にあるホテル昭明館が3/23完全リニューアルオープンされました!

ホテルのコンセプトは「三島愛」とのことで、三島にまつわることをホテル内に色々と取り入れてあったり、三島の情報を発信されるそうです。

その昭明館の2階にはフランス料理の店「おんふらんす」が入っています、おんふらんすは三島では有名で某TV番組で料理のチャンピオンにも輝いたオーナーシェフの店です。そのようなお店にけさたまは採用されており、おいしい卵料理となって登場します。

このたびはホテル内に店舗が入ったので、宿泊者向けにバイキング形式の朝食も開始されています。もちろんn朝食には卵が必須ですのでけさたまもがんばっています。

三島市にお越しの際は是非昭明館に宿泊したうえで、おんふらんすの朝食を召し上がってみてはいかがでしょうか!?

 

 

201732522283.jpg2017325222833.jpg

 

はつたまが1週間で100個に

今回入荷した300羽の秋雛が3/5に3このはつたまを産み始めて1週間の3/12には100こ/日産むようになりました、順調に成長しています。このままいくと1か月以内には最大の95%産卵になる見込みです。そこから2か月は最も卵の状態の良いとなります。ベスト期間はわずかですのでこの機会にお求めください。201731615232.jpg